高品質なフリーアイコンフォント「GitHub Octicons」

高品質なフリーアイコンフォント「GitHub Octicons」

先日、ソフトウェア開発者のためのウェブサービスである「GitHub(ギットハブ)」が同サービスで使用しているアイコンフォント「Octicons」を一般公開しました。基本的には開発向けのアイコンですが、プレゼン資料でもいろいろな使い方ができそう。”フォント”ということで若干クセはあるものの、使いこなせば表現の幅がいっそう広がること間違い無しです!

recommended-fontsize

企画書・提案書を書くならおさえておきたい!プレゼン資料お勧めの「フォントサイズ」

プレゼン資料のデザインで、たびたびトピックにあがるものといえば「フォント」。当サイトでも過去に取り上げている内容ですが、今回は少し切り口を変え「フォントサイズ」についてご紹介します。というのも世間ではこの点、結構あいまいに扱われているような気がするんですよね。。

writing-14111-cover

伝わる文章の書き方―プレゼン資料の文章力

他人のプレゼンを聞いていて、どこか軽薄・上から目線な印象を感じたことはないだろうか?作者の真意とは裏腹に、伝え方で損してしまうプレゼン資料―そんな資料には「文章力」が欠けているかもしれない。優れた文章は、シンプルで筋が通っているのは勿論、相手への配慮が行き届いているものだ。文章の書き方のコツを紹介する。

design-layout-13111-cover

見せ方で差がつく!直感的に伝わるプレゼンスライドの作り方

直感に訴えるプレゼン資料を作るのに、必ずしも高度なデザインスキルは必要ありません。ちょっとしたコツをつかんでしまえば、わずかな見せ方の工夫で、情報の伝わりやすさに大きな違いを生み出すことができます。今回はそんなプレゼンスライドをビフォー/アフターの形式で5つ、紹介したいと思います。

effective-use-of-images-cover

プレゼン資料で画像を効果的に見せるコツ

プレゼン資料といえば、やはりビジュアル!テキストだけではそっけない紙面も、図解やイラスト、商品写真を組み込めば、見映えに断然差がつきますし、何よりコンテンツを直感的に伝えられます。しかし、そんな画像も扱い方次第で訴求力に差がつくことをご存知でしょうか?プレゼン資料で画像を効果的に見せるコツを紹介します。

effective-graphs-and-charts-cover

パワポでグラフをわかりやすく見せる7つのコツ

プレゼン資料の要素のなかでも代表的なのが「グラフ」。数値をわかりやすくビジュアル化し、コンテンツの説得力を増してくれる強力なツールです。ところで、エクセルでつくったグラフ、パワーポイントにそのまま貼付けていませんか!?実は少し手間をかけるだけで、グラフのわかりやすさにはぐっと差がつきます!

impressive-image-cover

パワーポイントスライドをぐっと印象的に見せる「装飾」の小技

時にその必要性が疑問視されることもあるプレゼン資料の”デザイン(装飾)”ですが、大切なのは「使い方」。上手に使えば、資料に良質なアクセントを加えたり、コンテンツをさらに分かりやすくする効果も。今回は特に見た目にこだわって、プレゼン資料での画像の魅力的な見せ方を3点、ご紹介します。

reader-friendly-text-2-cover

プレゼン資料をもっと読みやすくする3つの方法

プレゼン資料の読みやすさは、デザイン・レイアウトの見せ方で変わります。PowerPoint Designでは、文章を読みやすくする方法として「書体・行間・見出し」を以前紹介していますが、当記事はその続編です。今回は「文字揃え・行長・ジャンプ率」。ちょっとした気配りが、プレゼン資料の出来映えに差をつけます。

recommended-websites-cover

プレゼン資料のデザイン力がぐっと上がる、お勧めのデザインサイト7選

プレゼン資料のデザイン力をアップするには、良いデザインにたくさん触れることが大切です。しかし、プレゼン資料をデザインの切り口で扱う書籍やWebサイトは、そう多くありません。そこで今回は、私が過去参考にさせていただいたWebサイトの中から、選りすぐりをピックアップしてご紹介します。サイトの作者に敬意をこめて。

endless-icons-cover

シンプルなフリーアイコン素材を配布するサイト「ENDLESS ICONS」

アイコンやピクトグラムを配布するサイトは数多くありますが、提案書・企画書で使うとなると、なかなか難しいもの。あまりにカジュアル過ぎては困りますし、とはいえ気の利いたアイコンを使いたい。。こちらのサイトならほどよいデザインバランスで、Photoshopなどの特別なツールも不要。とってもお手軽です。

トップへ