4/24開催「プレゼンテーションデザイン講座[レイアウト・カラー・文字組み編]」申し込み受付中!

パワーポイントの図解作りがはかどる!必須で押さえたいショートカット

プレゼン資料作りで、意外にあなどれないのがショートカット。パワポお決まりの操作を簡略化することで作業の効率アップが望めますし、併せてロジックの整理にも思考を巡らせやすくなります。今回はとくに図解作成に役立つものに絞って、ぜひ押さえておきたいショートカットを紹介します。

プレゼン資料を伝わりやすくする!タイトル・見出しデザインのノウハウ

必要な情報を網羅したにもかかわらず、なんだかスライドが見にくい。もしそうなら「見出し」の見せ方で状況を改善できるかもしれません。なぜなら見出しは情報の構造を明らかにし、ひいては文書の見やすさ・伝わりやすさを高める効果があるからです。プレゼン資料で見出しを効果的に、かつすばやく作成するノウハウを紹介します!

Ad

社内勉強会/登壇資料など、表紙をちょっと見映えさせたいときに便利な背景作成ツール「Haikei」

プレゼンの場を盛り上げたり、参加者を和ませるために、資料の表紙をちょっと見映えさせたいとき、ありますよね。そんなとき便利なオンラインツール「Haikei」を紹介します。Haikeiで背景画像を生成すれば、これにテキストを載せるだけで、それらしい表紙を簡単に作成できますよ!

なぜメイリオは上にズレるのか? パワポでメイリオをキレイに上下中央配置するコツ

プレゼン資料のフォントといえば、やはり「メイリオ」を外すことはできないでしょう。しかしこのメイリオ、図形の中に配置すると上にズレて表示されるというクセがあり、扱いに少し手間取る側面も持っています。そこで当記事ではメイリオがなぜ上寄りに表示されるのか、またメイリオをパワポでうまく上下中央配置するコツを紹介します!

Ad

意外に奥が深い、Zoom録画機能の使い方(ローカルレコーディングの場合)

ウェブ会議ツールとしておなじみのZoom。オンライン打ち合わせで使い慣れている人も多いと思います。ところで「録画」機能、使ったことありますか? ボタンひとつで会議を記録できる手軽さはあるものの、いざ本気で利用するとなると、思わぬ確認事項に戸惑ってしまうかもしれません。この記事ではZoomの録画機能を使うときに知っておきたいポイントと録画手順を解説します!

「トリミング」で素材の良さを引き出す!プレゼン資料で画像を効果的に見せる方法

人の関心を引きつける効果の高い「画像」。プレゼン資料で画像を使うなら、やはりこれをうまく活用したいところです。しかし、手に入れた画像をただスライドに貼り付けるだけでは、素材の良さを十分に活かしきれないことも。そこで当記事では主に「トリミング」にフォーカスして、画像を効果的に見せるノウハウを紹介します!

パワポ慣れしている人ほど知ってほしい!Google Slidesで失敗しないフォントの選び方

パワーポイントに代わるプレゼンツールとして利用が進むGoogle Slides。パワーポイントとほとんど同じ感覚で扱うことができるものの、やはり勘所が異なる部分もあります。中でも特に注意したいのが「フォント」。当記事ではパワーポイントを使い慣れた人向けに、Google Slidesでフォントを選択するポイントを解説します。

知らない人は損している!プレゼン資料で「表」を伝わりやすく見せるポイント

ある程度まとまった情報を整理して見せるのに便利な「表」。この記事では、そんな表をプレゼン資料で見やすく・すばやく作成するコツを解説します。ちょっとした作りの違いで、伝わりやすさに差がつくのはもちろん、見間違い・勘違いを避ける効果も期待できますので、最後までぜひご覧ください。

ビフォー/アフターで学ぶ!プレゼンを伝わりやすくする色選びのコツ

あまりにも身近で、実は詳しく知らないもの、そのひとつが「色」ではないでしょうか。しかし、色を使いこなせば、文書を見やすく仕上げたり、大切なポイントを目立たせるなど、プレゼンの効果を高める上でさまざまなメリットを得られます。プレゼン資料における色選びのコツを10点紹介します。

プレゼン資料の見やすさが変わる!スライドを分割して情報を整理するノウハウ

プレゼン資料作りで「スライドの分割」を意識したことはありますか? 新聞・雑誌はもちろんポスターやチラシを含め、世の中の文書で紙面をまるまる1枚のキャンバスとして扱うことはまれです。そのほとんどが紙面を分割して使用しています。当記事では、スライドを適度に分割し、紙面を無駄なく・効果的に利用する方法を紹介します。

Ad
トップへ