ビフォー/アフターで学ぶ!プレゼンを伝わりやすくする色選びのコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あまりにも身近で、実は詳しく知らないもの、そのひとつが「色」ではないでしょうか。しかし、色を使いこなせば、文書を見やすく仕上げたり、大切なポイントを目立たせるなど、プレゼンの効果を高める上でさまざまなメリットを得られます。プレゼン資料における色選びのコツを10点紹介します。

目次

  1. 光の原色の使用を避ける
  2. 一定の面積を確保する
  3. 100%の黒の代わりに濃いグレーを使う
  4. 色のイメージを利用する
  5. ビフォー/アフターの差を色で強調する
  6. 反転/サブカラー/無彩色で変化をつける
  7. コントラストを確保する
  8. 黄は背景色に使用する
  9. 彩度/コントラストの効いた色で目立たせる
  10. モノクロ印刷をケアする
  11. 最後に

この記事に関連するツイート

この記事は以下のツイートを加筆・修正し、詳しく解説しています。

光の原色の使用を避ける

BEFORE
光の原色を使用しているサンプル|BEFORE
AFTER
光の原色を使用しているサンプル|AFTER
Point

コンピューターで色を扱っていると、赤や青、緑などつい原色を使ってしまいがちです。しかし、日常生活で原色を見続けることはまれ。とくに光の原色は見た目にきつく、素人っぽい印象になりやすいため、原則使用は避けるようにしてください。

上記AFTERのサンプルでは、 原色の代わりに次のカラーコードを使用しています:

  • 赤 R:255, G:80, B:80
  • 青 R:0, G:113, B:188
  • 緑 R:0, G:137, B:112

一定の面積を確保する

BEFORE
文字だけに赤色が適用されているサンプル|BEFORE
AFTER
セルの背景に赤色が適用されているサンプル|AFTER
Point

赤は一般的に目立つ色とされていますが、色で要素を目立たせるには一定の面積が必要になる場合があります。たとえば表の一部を目立たせるなら、文字色だけではなく背景色も併せて変化をつけた方が安定した結果を得やすいです。単に赤を使っただけでは十分な効果が得られないケースがあることに注意してください。

100%の黒の代わりに濃いグレーを使う

BEFORE
100%の黒を使用しているテキスト|BEFORE
AFTER
黒の代わりに濃いグレーを使用しているテキスト|BEFORE
Point

背景色が白のスライドに黒色の要素を配置し、これをコンピューターのディスプレイに表示したり、プロジェクターで投影した場合、コントラストが強くなりすぎるケースが多いです。そこで黒の代わりに「濃いグレー」を使うとソフトな印象に。長く見続けても疲れにくい資料を作成できます。

濃いグレーのカラーコード

当サイトが公開しているデザインテンプレートでは、黒の代わりに「R:55, G:55, B:55」を使用しています。

色のイメージを利用する

BEFORE
人が色に感じるイメージとグラフの配色がちぐはぐなサンプル|BEFORE
AFTER
人が色に感じるイメージとグラフの配色が合っているサンプル|BEFORE
Point

色には一般的なイメージがあります。たとえば「赤」なら生命力や情熱、怒り、「青」なら静けさ、安らぎ、誠実さなど。上記のグラフは、各項目が表す意味と色のイメージを連動させ、グラフの内容を直感的に読み取れるよう工夫しています。

ビフォー/アフターの差を色で強調する

BEFORE
ビフォー/アフターの差を感じにくいサンプル|BEFORE
AFTER
ビフォー/アフターの差がはっきりしているサンプル|BEFORE
Point

過去/未来、理想/現実、メリット/デメリットなど、プレゼンではたびたび「対比」で物事の違いを強調することがありますが、そんなときは色も併せて変化をつけるのがおすすめです。

上記はプレゼン資料の表紙についてデザイン適用前/後を比較しているサンプル。BEFORE/AFTER間の違いは「キャプション(図版を説明する短文)の色の変化の有無」ですが、変化のあるAFTERの方がその差をより一層強く感じられます。具体的には、ネガティブな事柄には暗めのくすんだ色を、ポジティブなものには明るめの鮮やかな色を使うのがよいでしょう。

反転/サブカラー/無彩色で変化をつける

BEFORE
色が多用されているサンプル|BEFORE
AFTER
色数が抑えられているサンプル|BEFORE
Point

色を使って図形のバリエーションを作るとき、赤→青→緑といったように次々と色を変えてしまうと、すぐに資料が色でいっぱいになってしまいます。そこでまずは既存の色を反転させたり、淡く調整(サブカラー)、もしくは無彩色を組み合わせるのがおすすめ。他の色に手をつけるのは、それからでも遅くありません。

コントラストを確保する

BEFORE
コントラストが不足し、文字が読み取りにくいサンプル|BEFORE
AFTER
コントラストが十分に確保されたサンプル|BEFORE
Point

濃い色地の上に文字を記載した場合、ときにコントラスト(明るさや鮮やかさの差)が不足し、文字が読み取りにくくなることがあります。そんなときは文字を白色にしたり、装飾を塗りから囲みに変更するなどし、文字の可読性を確保するようにしてください。

黄は背景色に使用する

BEFORE
文字色にイエローを使用したサンプル|BEFORE
AFTER
文字の背景色にイエローを使用したサンプル|BEFORE
Point

黄をビジネス文書で好んで使う人は、少ないかもしれません。なぜなら白地に黄で文字を書いても、ほとんど見えないから。しかし黄は背景色として使用すると、重要なポイントを効果的に強調できます。感覚的にはラインマーカーのイメージです。

一部の文字の背景色を黄にするには?

パワーポイントには、ラインマーカーほぼそのままの機能があります。「ホーム」タブにある「蛍光ペンの色」機能を使用すれば簡単です。

「蛍光ペンの色」機能|PowerPoint

彩度/コントラストの効いた色で目立たせる

BEFORE
グラフのメッセージと色使いがちぐはぐなサンプル|BEFORE
AFTER
グラフのメッセージと色使いが一致ているサンプル|BEFORE
Point

色を使って要素を目立たせるときには、お決まりの法則があります。それは「鮮やかで明るい色、コントラストの効いた色」を使うこと。上記のBEFOREのサンプルでは、主張とグラフの色使いが食い違っていますが(メッセージは休廃業の件数を強調しているのに、色では倒産の件数を強調している)、AFTERではぴったりと一致しています。

モノクロ印刷をケアする

BEFORE
モノクロ印刷時に色の違いがわからなくなっているサンプル|BEFORE
AFTER
モノクロ印刷時でも意味がわかるよう工夫されたサンプル|BEFORE
Point

工夫次第でさまざまな情報の表現が可能な色ですが、色に頼り切ってしまうと、ときに足をすくわれることがあります。そのひとつがモノクロ印刷。BEFOREのサンプルではモノクロ印刷したときに、役割分担の見分けがつきません。そこでできれば、色で差をつけるとともに、形状や位置にも違いを持たせておくのがおすすめ。男性の20人にひとりが色弱者ともいわれており、ユニバーサルデザインの観点からも、決して無視できないポイントです。

最後に

プレゼン資料では、あらかじめ決めた「テーマカラー」に基づいて色を選ぶのが原則ですが、それだけではやはり迷ってしまうこともあると思います。そんなとき当記事が参考になれれば幸いです。なお、テーマカラーの考え方については以下のツイートも併せてぜひ!

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

書籍版もあわせてどうぞ。

当サイトがふたたび本になりました。今回はリアリティにこだわったサンプルスライドを多数収録。そのまま実際の仕事に転用してプレゼン資料を改善したり、一方じっくりと解説を読み込み、デザインノウハウを学ぶ使い方も。「プレゼン資料のデザインに自信が持てない…」「普通のプレゼン資料じゃなくて、もっと伝わる資料が作りたい」というビジネスパーソンにオススメの1冊です。

「デザイン」の力で人を動かす!プレゼン資料作成「超」授業 プレゼン上手に明日からなれる

●著者:宮城信一 ●価格:本体1,880円(税込2,068円) ●仕様:A5正寸判(210x148mm) / オールカラー / 224P / ISBN:978-4-8156-0191-1 ●発行:SBクリエイティブ

特設ページへAmazonで購入

新着記事やイベントの開催情報をメールでお知らせします。ご登録いただいた方には、限定資料ダウンロードの特典も。

過去のニュースレターを見る

デザイン・テンプレートのダウンロードはこちら。

プレゼン資料の「品質」と「生産性」を向上させるなら。
パワーポイント向けデザイン・テンプレート、無料公開中。

トップへ