【 9/25開催 】プレゼンテーションデザイン講座[ レイアウト・カラー・文字組み編 ]、申し込み受付中!

レイアウト

背景のアレンジでプレゼンのストーリー展開にメリハリをつける方法

プレゼン資料のスライドといえば「タイトルエリアとコンテンツエリアの間に1本のラインを引いたもの」をよく見かけるのではないでしょうか。しかし、あまり似通ったスライドが続くと、章の切り替わりや話の要点が伝わりにくくなってしまうことも。スライドの背景をアレンジして、プレゼンのストーリー展開にメリハリをつける方法を紹介します。

「トリミング」で素材の良さを引き出す!プレゼン資料で画像を効果的に見せる方法

「トリミング」で素材の良さを引き出す!プレゼン資料で画像を効果的に見せる方法

人の関心を引きつける効果の高い「画像」。プレゼン資料で画像を使うなら、やはりこれをうまく活用したいところです。しかし、手に入れた画像をただスライドに貼り付けるだけでは、素材の良さを十分に活かしきれないことも。そこで当記事では主に「トリミング」にフォーカスして、画像を効果的に見せるノウハウを紹介します!

プレゼン資料の見やすさが変わる!スライドを分割して情報を整理するノウハウ

プレゼン資料の見やすさが変わる!スライドを分割して情報を整理するノウハウ

プレゼン資料作りで「スライドの分割」を意識したことはありますか? 新聞・雑誌はもちろんポスターやチラシを含め、世の中の文書で紙面をまるまる1枚のキャンバスとして扱うことはまれです。そのほとんどが紙面を分割して使用しています。当記事では、スライドを適度に分割し、紙面を無駄なく・効果的に利用する方法を紹介します。

いつものプレゼン資料が見違える!背景デザインを駆使してストーリー展開にメリハリを与える方法

いつものプレゼン資料が見違える!背景デザインを駆使してストーリー展開にメリハリを与える方法

誰かのプレゼンを聴いていて、話の流れを見失った経験は誰しもあるはず。資料の目次がまずいのか、スライドのタイトルがわかりにくいのか、それとも自分の集中力!?ひょっとしたらその原因は、資料の「展開」にあるかもしれません。今回は意外に見過ごされがちな、プレゼン資料のストーリー展開(をフォローするデザイン)に関するTipsを紹介します。

プレゼン資料で画像を効果的に見せるコツ

プレゼン資料といえば、やはりビジュアル!テキストだけではそっけない紙面も、図解やイラスト、商品写真を組み込めば、見映えに断然差がつきますし、何よりコンテンツを直感的に伝えられます。しかし、そんな画像も扱い方次第で訴求力に差がつくことをご存知でしょうか?プレゼン資料で画像を効果的に見せるコツを紹介します。

提案書・企画書作成に役立つ「レイアウト」の基礎知識

「提案書をキレイに書きたいが、うまくまとまらない」、「せっかくテンプレートを買ったのに、使いこなせずにいる。。」それはひょっとしたら『レイアウト』の知識が不足しているのかもしれません。レイアウトの基礎をおさえるだけで、プレゼン資料のビジュアル・伝わりやすさは、ぐっと変わります。この記事では、グラフィックデザインやDTPにおけるレイアウトのテクニックを、プレゼン資料に役立つものに絞り、「整列・余白・分割・反復」の4つの観点から紹介します。

レイアウトの視点から考える、伝わるプレゼン資料の構成要素(追記あり)

伝わるプレゼン資料とは、一見シンプルなようでいて、実に多くの要点を満たしているものです。読み手の視点に合わせて書かれていることはもちろん、簡潔で無駄がなく、さらには飽きさせないための工夫までも。ここでは伝わるプレゼン資料の構成要素を、主にレイアウトの視点から紹介します。

トップへ