【 9/25開催 】プレゼンテーションデザイン講座[ レイアウト・カラー・文字組み編 ]、申し込み受付中!

文字組み

文字の表現力が増す! おすすめの記号5選

文字の表現力を高めるうえで、ぜひ押さえておきたいのが記号です。記号なら図形など別の要素に頼ることなく、テキストだけでターゲットの視線を引きつけたり、情報の構造や関係性を表現できます。プレゼン資料作りで便利な記号を5つ紹介します。

プレゼン資料を伝わりやすくする!タイトル・見出しデザインのノウハウ

プレゼン資料を伝わりやすくする!タイトル・見出しデザインのノウハウ

必要な情報を網羅したにもかかわらず、なんだかスライドが見にくい。もしそうなら「見出し」の見せ方で状況を改善できるかもしれません。なぜなら見出しは情報の構造を明らかにし、ひいては文書の見やすさ・伝わりやすさを高める効果があるからです。プレゼン資料で見出しを効果的に、かつすばやく作成するノウハウを紹介します!

ただ目立つだけじゃない!プレゼン資料のコンテンツ整理がはかどる「装飾付き見出し」の作り方

雑誌やウェブサイトで、しばしば目にする「装飾付きの見出し」。ユーザーの視線を引きつけるアクセントとして、プレゼン資料でもぜひ活用したいところですが、これを実現するのは意外にも難易度が高いことをご存知でしょうか?パワーポイントで手軽に利用でき、そのうえコンテンツ整理の作業効率までも高める、見出し装飾のコツを紹介します。

企画書・提案書を書くならおさえておきたい!プレゼン資料お勧めの「フォントサイズ」

プレゼン資料のデザインで、たびたびトピックにあがるものといえば「フォント」。当サイトでも過去に取り上げている内容ですが、今回は少し切り口を変え「フォントサイズ」についてご紹介します。というのも世間ではこの点、結構あいまいに扱われているような気がするんですよね。。

プレゼン資料をもっと読みやすくする3つの方法

プレゼン資料の読みやすさは、デザイン・レイアウトの見せ方で変わります。PowerPoint Designでは、文章を読みやすくする方法として「書体・行間・見出し」を以前紹介していますが、当記事はその続編です。今回は「文字揃え・行長・ジャンプ率」。ちょっとした気配りが、プレゼン資料の出来映えに差をつけます。

金額や実績など、プレゼン資料で数字を上手に見せるコツ10個まとめ

数字には見せ方があります。価格や実績、顧客数など、プレゼン資料では様々な種類の数字を扱います。数字は信頼性の高い根拠として頻繁に利用されるものですが、見せ方によって印象に差が出ることも事実です。数字を上手に見せるコツを紹介します。

プレゼン資料を読みやすくする3つの方法

文章の読みやすさは、デザイン・レイアウトの見せ方で変わります。例えば「書体」・「行間」・「見出し」、それぞれのバランスの取り方で、文章は読みやすくも読みにくくもなります。ここでは上記3つの観点から、文章を読みやすく記載する方法について紹介します。

トップへ