【 9/25開催 】プレゼンテーションデザイン講座[ レイアウト・カラー・文字組み編 ]、申し込み受付中!

文字の表現力が増す! おすすめの記号5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

文字の表現力を高めるうえで、ぜひ押さえておきたいのが記号です。記号なら図形など別の要素に頼ることなく、テキストだけでターゲットの視線を引きつけたり、情報の構造や関係性を表現できます。プレゼン資料作りで便利な記号を5つ紹介します。

目次

  1. FULLWIDTH VERTICAL LINE
  2. KATAKANA MIDDLE DOT
  3. FULLWIDTH SOLDIUS
  4. HORIZONTAL BAR
  5. LEFT THREE EIGHTHS BLOCK
  6. 記号の入力方法

FULLWIDTH VERTICAL LINE

FULLWIDTH VERTICAL LINE
CODE:FF5C

全角の「|(縦棒)」です。Webサイトのタイトルなどで文を区切る際によく利用されます。原則並列を表します。

区切り記号として
六菱総研|研究開発ニュース 概要|ライティング研修企画
ドットやカッコの代わりに
1|ラフを描き素材を作成する 2|素材画像を切り抜き調整する

KATAKANA MIDDLE DOT

KATAKANA MIDDLE DOT
CODE:30FB

全角の「・(中黒)」です。複数の単語を並記して、まとまった概念を示すときに使用します。また、肩書や役職と名前の間に使用されることがあります。

併記する単語の区切りとして
小・中学校、東京・新大阪間 海洋・湖沼・河川を航行する船舶
肩書や役職と名前の間に
鈴木 遼太郎・はまかぜ生命社長 解説・佐藤 一郎

FULLWIDTH SOLDIUS

FULLWIDTH SOLDIUS
CODE:FF0F

全角の「/(スラッシュ)」です。短文を並べて区切る際に利用します。文脈によって「OR」および「AND」どちらの意味も表す場合があります。

「OR」として
アンケートに「はい/いいえ」で答えてください。
「AND」として
導入企業の例 六菱商事/日本ライラック/はまかぜ生命/パシフィック総合保険ほか

HORIZONTAL BAR

HORIZONTAL BAR
CODE:2015

全角の「―(水平線)」です。時間の経過を表したり、説明やサブタイトル、行頭に用いて引用を表現することもあります。また、連続して使用すると隙間なく一本に繋がります(*フォントによっては繋がるものと、繋がらないものがあります)。

補足説明に
—— Google Slidesのフォント選びについて —— パワーポイント慣れした人が考えがちなこと
サブタイトルに
「e-osumai.com」を活用した不動産売却の秘訣 ― Web時代の不動産売却術 ―

LEFT THREE EIGHTHS BLOCK

LEFT THREE EIGHTHS BLOCK
CODE:258D

Unicodeのブロック要素。プレゼン資料では、タイトル・見出しを表す行頭記号に利用しやすいです。

見出しの行頭記号に
▍検討の進捗度 ターゲットの本課題に対する検討の進捗度としては下記「2」のレベルを想定: 1. 課題を認識していない。 2. 課題を認識し、対策に関する情報収集をしている。

記号の入力方法

紹介した記号の中でも「―(HORIZONTAL BAR)」や「▍(LEFT THREE EIGHTHS BLOCK)」は、入力に困ってしまうこともあるかもしれません。ここでは、WindowsとMacの場合に分けて、それぞれの入力方法を解説します。

Windowsの場合

記号を挿入したいテキストボックスを入力状態にして、「挿入」タブの「記号と特殊文字」をクリックします。

挿入タブ|Windows版パワーポイント

「記号と特殊文字」ダイアログボックスが開いたら、続いて文字コードを入力し、希望の記号を選択後、挿入ボタンを押下します。これでテキストボックスに指定した記号が入力されます。

記号と特殊文字ダイアログ

Macの場合

記号を挿入したいテキストボックスを入力状態にして、「挿入」タブの「記号/特殊文字」をクリックします。

挿入タブ|Mac版パワーポイント

「文字ビューア」が開いたら、続いて文字コードを入力し、希望の記号をダブルクリックします。これでテキストボックスに指定した記号が挿入されます。

文字ビューア

この記事をシェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

講座でプレゼン資料のデザインを学ぶなら。

当サイトのコンテンツをベースとしたプレゼン資料向けのデザイン講座を定期開催しています。

開催予定

過去の開催履歴および当講座に関するお問い合わせはこちら

新着記事やイベントの開催情報をメールでお知らせします。ご登録いただいた方には、限定資料ダウンロードの特典も。

過去のニュースレターを見る

トップへ