Menu

アイコンやピクトグラムを配布するサイトは数多くありますが、提案書・企画書で使うとなると、なかなか難しいもの。あまりにカジュアル過ぎては困りますし、とはいえ気の利いたアイコンを使いたい。。こちらのサイトならほどよいデザインバランスで、Photoshopなどの特別なツールも不要。とってもお手軽です。

01

ENDLESS ICONS

海外のデザイナーさんが運営しているフリーのアイコン配布サイト「ENDLESS ICONS」をご紹介します。カジュアル過ぎず、でもちょっと遊び心も効いている温度感が絶妙。シンプルなデザインなので、いろいろなプレゼン資料に違和感無く組み込めそうです。

ENDLESS ICONS スクリーンショット

現在登録されているアイコン数は170個ほどで、これからも増えていく様子。画像フォーマットは「PNG」で配布されているので、IllustratorやPhotoshopなどの専門のツールも必要ありません。無料で使用でき、商用利用も可とのことですので、ぜひ利用されてみてはいかがでしょうか?

02

利用にあたってのTips

せっかくなので、プレゼン資料に組み込む際に知っておくと役に立つTipsを併せて紹介します。

ダウンロードしたらトリミングして使う

実際にダウンロードしてみるとわかりますが、アイコンに対して外壁の透明部分のサイズが大きいです。利用する際には、トリミング機能を使って不要な部分を削除すると良いでしょう。

不要な部分をトリミングする

黒だけじゃちょっと、、という人は

実はPowerPointの機能だけでも、ある程度アイコン(画像)の色を変えることができます。画像を右クリックして「図の書式設定』ウィンドウを開き、”明るさ”と”コントラスト”の値を変更します。

図の書式設定

以下が、明るさとコントラストの値を調整した結果です。モノトーンではありますが、変化をつけられます。

明るさとコントラストの調整結果

図形と組み合わせてバリエーション豊富に

PowerPoint標準のオートシェイプと組み合わせれば、さらに見せ方を工夫できます。いろいろ探ってみても面白そうですね。

あわせて読みたい

パワーポイントの図解作りがはかどるショートカット

プレゼン資料作りで、あなどれないのがショートカット。パワポお決まりの操作の簡略化によって作業の効率アップが望めますし、ひいてはロジックの整理に時間を使いやすくなります。今回はとくに図解作成に役立つショートカットを紹介します。

― 図解デザインの型 ― 見やすい「表」の作り方

まとまった情報を整理して見せるのに便利な「表」。行と列で作られた二次元のマトリクスは、さまざまなデータを柔軟に扱うことができるのはもちろん、ときには新しい気づきまでもたらしてくれます。ここでは、そんな表をプレゼン資料で見やすく・かつすばやく作成するコツを解説します。

プレゼン資料でスケジュールを効果的に扱う3つの方法

プレゼン資料頻出の要素であるスケジュール。自分のタスクのチェックやメンバーの仕事の進捗確認など、スケジュール無くしてビジネスを進めることはできません。プレゼン資料でスケジュールを効果的に扱う手法を3つ紹介します。

プレゼン資料の表現力が増す!ビジネス用途に使いやすいフリーアイコン(×331個)のご紹介

プレゼン資料の表現の幅を広げるうえで、あると便利なのがアイコンです。しかし、アイコン探しに思いのほか手間どったり、色や形がちぐはぐになってしまった経験はありませんか?今回紹介するアイコンは数が豊富(331個)なうえ、色や大きさも自由に変更できますよ!

商用利用可能なサーバーアイコン素材

コンピュータ(PCサーバー)関連のアイコンを作成したのでご紹介します。プレゼン資料に組み合わせて使用すれば、そのままWeb系システムのネットワーク構成図として利用できます!
News Letter
新着記事やイベント開催情報をメールでお知らせします。

プレゼンテーション
デザイン講座

ノンデザイナー向けのビジネスデザイン講座を定期開催しています。